一輝会について

理事長挨拶MESSAGE

  • 現在一輝会はすべての患者様に対応するべく、急性期病棟から地域包括ケア病床、回復期リハビリテーション病棟・医療療養病棟、訪問事業を有しております。
    そして2023年には新長田という新たな場所で、特定医療法人一輝会は生まれ変わり新たなスタートを切ります。

    私たちは創造性のある、医療環境作りを目指しています。
    患者様が利用しやすい病院、そのためには1つの病院では出来ないことも、周囲のクリニックや地域との連携を進めていけばもっと大きな事が出来るのではないかと思っています。
    よい病院とは何か?
    患者様に親切な病院、地域に必要とされている病院等々が考えられます。最終的には、安心して治療を受けられる、何でも相談できる病院が、究極のよい病院ではないかと考えています。
    『患者さんに寄り添い、地域の皆さんに頼りにされる医療機関であり続ける。』ことに私たちの存在意義があると思っています。
     それと同時に地域の皆さんと医療以外でもなにか繋がりが出来ないかを考えています。いろいろなイベントや講演会等を模索しています。
    どうぞ私たちの歩みを見ていてください。お願いいたします。

沿革HISTORY

昭和45年4月トアロードにて荻原整形外科診療所として開業
昭和51年12月元町駅北側で県庁の南側にて荻原整形外科病院開設
(整形外科単科病院で60床)
昭和59年11月医療法人 一輝会発足
昭和60年5月旧金沢兵庫病院の跡に、みさき病院開設
(整形外科・外科・内科病院で123床)
平成2年8月 医療法人 一輝会 みさき病院に名称変更
平成4年9月医療法人 一輝会 荻原みさき病院に名称変更
平成10年7月 訪問看護ステーションみさき開設
平成12年4月 居宅サービス事業(居宅介護支援・訪問介護)スタート
平成17年4月 訪問看護事業(訪問リハビリテーション)スタート
平成18年1月 荻原みさき病院 回復期リハビリテーション病棟を開設
平成23年4月 特定医療法人 一輝会に名称変更
平成26年10月 荻原整形外科病院  地域包括ケア入院医療管理料 算定開始
平成29年4月 荻原整形外科病院  手外科・ スポーツ 傷害治療 センター開設

行動計画ACTION PLAN

行動計画とは(厚生労働省より一部抜粋)
次世代育成支援対策においては、国民が、希望どおりに働き、また、結婚、出産、子育ての希望を実現することができる環境を整え、人々の意識を変えていくことにより、少子化と人口減少を克服することを目指す総合的な政策の推進が重要である。各企業は、実情を踏まえた上で、次世代育成支援対策に関し、行動計画として策定する。

1. 計画期間

2021年4月1日~ 2024年3月31日までの3年間

 ※従来は2年毎の目標としていたが、掲げる目標内容の規模に基づき3年とした。

2. 内容

目標1: 男性職員の育児休業の取得促進

 

<現行>
 令和元年~令和2 年までの間で女性の育休取得者11名に対して、男性の取得者は1名のみであり女性取得者の1割に満たない。
<対策>
 ● 2021年4月~2023年3月 パンフレット(男性版)を作成する。
  (女性版は2017年作成)

 

● 2023年4月 パンフレット「はぐくみ」( 仮) の周知を図り、男性の育休取得促進を目指す。

 

※男性の育児休業の取得促進を図り、「くるみん」の取得に繋げていく。
 「くるみん」とは子育てサポート企業として厚生労働大臣の認定をうけたもの。

目標2: 有給休暇の時間取得制度の導入

<現行>
 半日または1日の取得のみとしている。
<対策>
小規模組織での導入可否、大規模組織での先行導入の可否等検討が必要
 ● 2021年4月~ 2021年6月までの間で職員へのアンケート調査の実施
 ● 2021年7月~ 2021年9月までの間でアンケート結果を周知
 ● 2021年10月~ 2021年12月までの間で運用についての詳細を取りまとめる
 ● 2022年4月~導入予定 スケジュール案であり、更なる前倒しを検討する。
         アンケート結果によっては修正することもある。>

目標3: 年平均の残業時間を全体で前年比10%削減

<対策>
 ● 2021年4月~ 2020年度は昨年度と比較して残業時間が全体で 5.1%減少した。
 ● 2021年度は各部署における問題点の検討を行い、分担や機械化を図り10%の削減を目指す。

3. 行動計画における結果報告

2019年4月1日から2021年3月31日までの一輝会における行動計画の報告は

【医療法人一輝会 行動計画における結果報告】
から閲覧可能
TOP