手の外科症状【テニス肘 (上腕骨外側上顆炎)】

テニス肘 (上腕骨外側上顆炎)

ものをつかんで持ち上げる動作やタオルをしぼる動作をすると、肘の外側から前腕にかけて痛みが出現します。多くの場合、安静時の痛みはありません。テニス愛好家に生じやすいのでテニス肘と呼ばれていますがテニスに限らず、ゴルフなどのスポーツをする方や、日常の家事でも生じます。
手や手首の使い過ぎにより肘の腱が傷むことで起こるとされており、30代~50代後半にかけての発症が比較的多いです。

  

テニス肘は外来で簡単に行える疼痛を誘発する試験で診断が出来ます。

1.Thomsenテスト
肘を伸ばした状態で手首を反らします。医師が反らした手首に抵抗を加えます。
2.Chairテスト
肘を伸ばした状態のまま椅子などを持ち上げます。
3.中指伸展テスト
肘を伸ばしたままの状態で、医師が中指を上から押さえるのに抵抗します。

いずれの検査でも肘外側から前腕にかけての痛みが誘発されたら、テニス肘と診断します

治療方法

《保存療法》

スポーツや手をよく使う作業をひかえ、湿布や外用薬を使用します。痛みが強い場合は肘の外側に局所麻酔薬とステロイドの注射も有効です。
また、テニス肘用のバンドを装着し、手首や指のストレッチをこまめに行います。

保存療法が無効な場合には、手術療法を行うこともあります。

 

Category: 手外科症状別.