回復期リハビリテーション病棟協会研究大会で発表しました!

神戸市にありますリハビリテーション病院、荻原みさき病院です。

先日、回復期リハビリテーション病棟協会研究大会で、当院リハビリテーション部理学療法士科長矢澤が発表いたしました。
今回は東京での現地開催とオンラインとのオンデマンド大会だったのですが、新型コロナ感染拡大の影響で、ほぼオンラインでの開催となったそうです。

この度の発表は当院回復期リハビリテーション病棟で使用している、クリニカルパス※1のことについてまとめたものを発表してくれました。
当院では患者さんの退院まで、また退院後の生活を見据えたリハビリ入院生活を、効果的かつ有効的に送っていただくためにクリニカルパスを使用しております。
その中で、定期的に行われるカンファレンス※2でいかに患者さんの生活をイメージした入院プログラムを送っていただくか、多他職種一体型チーム医療で行っていくかを日々検討しております。
その経過と、今後の課題をまとめて発表してくれました。

発表者は矢澤でしたが、共同演者には看護師、栄養士、地域連携部、事務部と多職種スタッフで作り上げた発表でした。

今回学会発表に向けて、改めて振り返り今後の課題も明確になり、とても良い機会となりました。

今後もご入院される患者さんに対し、われわれ多職種チームが退院後の生活をイメージしながら入院生活を送っていただくサポートが出来るよう、引き続き研鑽してまいります!

※1クリニカルパスとは、入院中のリハビリの流れや退院病棟生活などの予定をスケジュール表のようにまとめた計画書
※2カンファレンスとは、退院に向けて現在の進捗や今後のことを話し合う会議の事

Category: リハビリテーション部, 看護部.