院長挨拶

荻原みさき病院 院長

荻原 徹  TORU OGIHARA

院長挨拶
私たち荻原みさき病院は『神戸屈指のリハビリテーション病院』になることを目指しています。

医療・介護においては、リハビリテーションの有用性と重要性は欠かせぬものとなっているのは共通認識です。患者さん個々の心身の状態にあった適切なリハビリテーションを提供することにより、より効果を発揮します。
 病棟は回復期リハビリテーション病棟と医療療養病棟を有し、それぞれの患者さんの状態に合った医療を提供しています。
回復期リハビリテーション病棟では患者さんの退院後の生活を見据えたリハビリテーションを実施し、病院平均を上回る高い機能回復実績を上げています。療養病棟においても積極的なリハビリテーションを行い、身体硬直や麻痺等の進行を遅らせることにも高い成果をあげており、医療機関のみならず、患者さんからも高い評価を得ています。
外来リハビリテーションも広汎に患者さんを受け容れており、入院から通院と一貫したリハビリテーションのみならず他病院の退院患者さんも来院されています。
『患者さんに寄り添い、地域の皆さんに頼りにされる医療機関であり続ける。』ことに私たちの存在意義があると思っています。そのために職員一同、それぞれが自分の役割を果たし、さらに連携することを大切にしています。
どうぞよろしくお願いします。

 

経歴

経歴 昭和57年3月 川崎医科大学卒業
平成4年3月 川崎医科大学大学院卒業
資格・専門医・認定医
所属学会など
専門分野:整形外科、リハビリテーション
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会専門医
日本医師会認定産業医