特長

整形外科

整形外科の特長は、足の外科や痛風、リウマチなどに力を注いでいることです。
痛風・・・当院は、痛風治療協力機関です。
リウマチ・・・最新の薬剤療法を行っております。
その他、大きな手術は 荻原整形外科病院 との協力体制の下で行っております。
整形外科

リウマチ科

関節リウマチとは、関節の炎症により、痛みや腫れが持続し、最終的には関節が破壊される病気です。
当院では、常勤医師と大学病院勤務の専門医が治療にあたっており、血液検査やレントゲン、関節超音波検査等を組み合わせた診断や、生物学的製剤、JAK阻害薬を用いた最新の治療を提供しております。点滴が必要な治療を行う為、化学療法室も備えています。また、内科的アプローチのみならず、整形外科的なアプローチも可能です。
関節リウマチ以外の膠原病についても、必要に応じて高次医療機関と連携しながら、専門的医療を行っています。

リハビリテーション科

当院はリハビリテーションの充実している病院です。
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、サブスタッフで外来、入院の患者さまに対し、治療を行っております。

整形外科
外来リハビリ
■外来リハビリテーション

退院後、自宅での不都合や、復職に向けてのフォローをさせて頂いております。
基本的には、週1~2回、1回につき1~2時間のリハビリを行います。
患者さんの状態に合わせて、主治医と相談の上、最適な回数や時間、リハビリの内容を決定しております。
脳血管疾患による麻痺や高次脳機能障害・言語障害などの後遺症、骨折後の痛みに合わせた運動療法、松葉杖での歩行指導、筋力増強訓練なども行っております。

退院後の生活で困っている事、不安に思うことなどありましたら、外来主治医・リハビリ担当までご相談ください。

■外来リハビリテーションが可能な期間
・回復期リハビリテーション病院を退院して3カ月間
・脳血管疾患(脳卒中、頭部外傷等)発症後6カ月間
・運動器疾患(骨折等)発症後5カ月間
・廃用症候群発症後4カ月間

※ただし、要介護被保険者は要相談

■外来リハビリテーション開始までの流れ
紹介元連携室より下記当院リハビリテーション部窓口へご相談ください
当院主治医と外来リハビリの受け入れを判断の後、紹介元連携室へご連絡し、初回外来受診の予約をいたします
当院外来受診後外来リハ開始
荻原みさき病院 リハビリテーション部 担当:服巻(ハラマキ)

病院窓口078-681-1213リハビリテーション部