阪神淡路大震災より25年

新年のご挨拶が遅くなってしまいましたが、本年も、一日よりリハビリテーション部は元気にスタートしております!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、本年の1月17日で阪神淡路大震災より25年目となります。

荻原みさき病院も建物にも診療にも大きな影響があったそうです。


患者さんも職員もひとまず命は無事だったようですが、ライフラインは止まり、スタッフ総出で患者さんの診療に当たったそうです。
その時の写真や、携わった方々の経験を当時の職員が文字にして冊子に残しております。

当時のことを知るスタッフももう少なく、リハ部のスタッフも5割は生まれる前もしくは幼い頃の出来事で、震災の記憶がありません。

今年の東遊園地の追悼のメッセージは「刻む」でした。

知らない世代へ、記憶を刻み、後世に残す。
そして今後の災害時に活かしていきたいと思います。

Category: リハビリテーション部.